仕事上の理不尽と、それに対する基本的な心構えについて①

これまでにも苦手な上司については色々書いてきたけれど、ほとんどの人は理不尽なこと(要するに「何で?」って思うようなこと)を言う上司の元で日々働いて行かなければならない。
何事も理由がわかっていて心構えができていれば精神的に楽になるものだ。
だから、「何故」理不尽が生じるのかということと、それに対する基本的な心構えをキチンと書いておこうと思う。

(長いのでこれもシリーズ物にしますね。)

「何故」に対する答えは大きく2つある。
①会社など組織の「仕事」は程度の差はあっても利潤追求のために多少の「無
理」が必ず含まれているということ。
(無理せずできる課題+αを必ず盛り込む)
②人は個人としても、社会人としても皆不完全だということ。

少し、解説しよう。

①の「無理」は少しでも利潤を追求する、つまりコストを下げつつ収益を増やす努力のことだ。 これは企業(に限らず利潤を得ようとする団体や人)が必ず行うべき「努力」のことだ。
今までより余計に儲かるようにする「努力」をすることはあらゆる営利活動の基本だからだ。 アベノミクスは今の所、方向としては成功の方向に見える。それは安倍首相や政府が上手に旗を振っている側面と、企業が事業者が必死の思いでたゆまぬ努力をしていることがベースになっていることは言うまでもない。
それらは一般の労働者にとっては、「もっと働け」「効率化しろ」「賃金はあんまり増えないけどね」と、簡単に言うとそういう風に見えるはずだ。
理不尽と思うかもしれない。でもそれが失速した日本経済の中にあって、景気を回復するための手段でもある。

※「お前は企業の回し者か?」という声が聞こえてきそうだ。でもこれは事実な
んだ。  その事実を「理解」しておけば、少なくとも「何故」量や質的に理不
尽な仕事が言い渡される  のかという理由については納得できるはずだ。  そ
の納得のなかで一人一人の「働く人」は自分の「働くスタンス」決めるべきだ
と、僕は思っている。
何故なら、その方が精神的に「楽」だからだ。

(①はここまで。②に続きます)

神奈川県平塚市にある心理カウンセリング・認知行動療法・メンタルトレーニング
ご家族を交えた生活サポート・心療内科同行、各種代理人交渉など
心理カウンセラーの範囲を超えて働く皆様の心と生活をサポートする
「Kindly heart(カインドリーハート)」

神奈川県平塚市唐ケ原231-101
受付時間:10:00~22:00 定休日:年中無休
電話番号:080-5974-2045 
※カウンセリング中で電話に出られない場合がございますので、 ご予約はなるべく「ご予約・相談フォーム」をご使用ください。
http://www.kindly-heart.com