タグ別アーカイブ: うつ病

夏は好きだが電車は苦手。(僕の小さなテクニック)

暑い日が続いている。 本当に暑い。 不安神経症の僕にとっては苦手な季節だ。 (夏自体はすきだけどね) 特に電車での移動がとっても苦手だ。 「この暑さで気分が悪くなったらどうしよう」って思ったが最後いとも簡単に気分が悪くなる。 気分が悪いのは、気のせいでもなんでもなくて、本当に気分が悪くて電車に乗ってられない、乗れない、改札に入れない、になっちゃう。 今日紹介するのは、単に僕がやるそれを乗り切る小さ
>> 見出し記事の続きを読む

認知行動療法とは⑤(行動もあわせてかえてゆく)

5.行動も併せて変えてゆく 上で説明した「自動思考」を変えることともに、 これらのワークを通じて自ずと明らかになる不合理(苦手、やりたいのに出来ない、を含む)な 「行動」も計画的に変えてゆく。 例を挙げるときりがないが     ・口下手で上司や仕事仲間とうまくコミュニケーションが取れない。 ・うつ状態で睡眠時間が不規則になっている。 ・生活の上で成すべきこと(掃除、洗濯、炊事、
>> 見出し記事の続きを読む

認知行動療法とは④(自動思考は変えられる)

4.認知行動療法(認知再構成法)で自動思考は変えられる   自動思考は変えられる。 認知行動療法のなかでも「認知再構成法」と呼ばれる方法で、 自動思考を変えて、 ポジティブな考え方を自然にできるようにすることで、うつ状態から脱出することができる。 その効果は薬物治療と同等かそれ以上と言われておりイギリスでは既に、 うつ病の第一治療は薬物治療ではなく、認知行動療法が第一治療と位置付けられて
>> 見出し記事の続きを読む

認知行動療法とは③

3.厄介な「自動思考」 「出来事」を、あなたが受け止めて、理解して 「考え」を出すプロセスのことを「認知」と呼ぶ。 この「考え」、瞬間的に出てくる「考え」は多くの場合、合理的な論理によって導き出されたものではなく、人がそれぞれに持っている「考え方の癖」に基づいて、 自動的に出てくるものなのだ。   この「自動思考」(=考えの癖)はその人の生い立ち、 人生経験、トラウマ、などが絡まりあって
>> 見出し記事の続きを読む

認知行動療法とは②

2.人が「出来事」から影響を受けるプロセス ひとが出来事に出くわし、それによって何らかの影響を 受ける(特に心理的な)ときの プロセスは上図のようになっている。 例えば「上司から怒られた」という「出来事」が起きるとする。 「落胆」であったり「絶望」だったり、そんな「感情」が 先に出てきている気がするが、実はそうではない。 不思議なもので「出来事」が起こると、 始めに「考え」(=認知)が来ているのだ
>> 見出し記事の続きを読む

認知行動療法とは①

1.ごくごく簡単に言うと <認知療法> 心や体にマイナスの影響を及ぼすような(ネガティブな) 考え方の癖(自動思考)を訓練で修正して心身のバランスを健全にする。 <行動療法> 自分にマイナスの影響を及ぼすような不適切な行動 (コミュニケーションや人間関係作りが下手、不適切な生活習慣、問題解決がへた等)を やはり訓練によって改善することで、それらが自分の心身にとって マイナスの要因とならないように改
>> 見出し記事の続きを読む

ご家族、ご友人の皆様へ②(お手伝いできること)

ハインドリーハートがお手伝いできること ※初回30分は無料にて承ります。まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。 1. ご家族様よりご本人の状況をお聞きして、今後の対応方針 ・家族、医師、職場、周囲の関わり方 ・経済状況に対してできることをご一緒に考えます。 2. 必要に応じて、ご本人との面談(カウンセリング) 3. 必要に応じて、心療内科、精神科への同行、または代理診療。 ※これによりご本人
>> 見出し記事の続きを読む

ご家族、ご友人の皆様へ①

心の問題で悩んでいる方には「家族」のお助けが必要です。 ご家族(やご友人)の中に、仕事をしながら 心の問題で悩んでらっしゃる方はいらっしゃいませんか? あるいは、うつ病などの精神疾患とわかりながら 無理をして仕事をしている方はいらっしゃいませんか? そんな方達にはご家族やご友人の「助け」が必要です。 「助け」が欲しいのに、家族にさえ言い出せない。 いえ、家族だから、心配をかけたくないから言い出せな
>> 見出し記事の続きを読む

つまらない研修を乗り切る方法

会社にいると色んな研修に参加する機会が多い。 中には「何で俺がこんな研修を・・・?」って思うようなものもあるだろう。 正直やる気が出ない。 そういう研修にイヤイヤ参加すると、すぐに興味の無さとやる気の無さが悪循環を起こして、睡魔と戦うだけの時間が始まってしまう。 断ち切ろう!! 無理やりでもなんでもいいから、気合を入れてまずは一時間集中してみよう。 講師の目を見て、何を言っているのか、つまらなくて
>> 見出し記事の続きを読む

一日に一度は小さくても癒しが欲しい

夕焼け

会社で働いていた頃も、今でも、どんなに忙しくても一日に一度は小さな癒しが欲しいと思っている。 もちろん仲間と呑みに行ったり、カラオケに行ったり、ってできるのが一番なんだけど、僕の場合ちょっと外に出たときに美しい風景が見えるってことが結構重要だったりする。 田舎に住んでいる故の贅沢かもしれないけど、例えば こんなこんな風景でも見られれば意外と満足しちゃう。 それを「癒し」って意識することが大切なんだ
>> 見出し記事の続きを読む