タグ別アーカイブ: 部下

仕事上の理不尽と、それに対する基本的な心構えについて①

これまでにも苦手な上司については色々書いてきたけれど、ほとんどの人は理不尽なこと(要するに「何で?」って思うようなこと)を言う上司の元で日々働いて行かなければならない。 何事も理由がわかっていて心構えができていれば精神的に楽になるものだ。 だから、「何故」理不尽が生じるのかということと、それに対する基本的な心構えをキチンと書いておこうと思う。 (長いのでこれもシリーズ物にしますね。) 「何故」に対
>> 見出し記事の続きを読む

認知行動療法とは⑤(行動もあわせてかえてゆく)

5.行動も併せて変えてゆく 上で説明した「自動思考」を変えることともに、 これらのワークを通じて自ずと明らかになる不合理(苦手、やりたいのに出来ない、を含む)な 「行動」も計画的に変えてゆく。 例を挙げるときりがないが     ・口下手で上司や仕事仲間とうまくコミュニケーションが取れない。 ・うつ状態で睡眠時間が不規則になっている。 ・生活の上で成すべきこと(掃除、洗濯、炊事、
>> 見出し記事の続きを読む

つまらない研修を乗り切る方法

会社にいると色んな研修に参加する機会が多い。 中には「何で俺がこんな研修を・・・?」って思うようなものもあるだろう。 正直やる気が出ない。 そういう研修にイヤイヤ参加すると、すぐに興味の無さとやる気の無さが悪循環を起こして、睡魔と戦うだけの時間が始まってしまう。 断ち切ろう!! 無理やりでもなんでもいいから、気合を入れてまずは一時間集中してみよう。 講師の目を見て、何を言っているのか、つまらなくて
>> 見出し記事の続きを読む

一日に一度は小さくても癒しが欲しい

夕焼け

会社で働いていた頃も、今でも、どんなに忙しくても一日に一度は小さな癒しが欲しいと思っている。 もちろん仲間と呑みに行ったり、カラオケに行ったり、ってできるのが一番なんだけど、僕の場合ちょっと外に出たときに美しい風景が見えるってことが結構重要だったりする。 田舎に住んでいる故の贅沢かもしれないけど、例えば こんなこんな風景でも見られれば意外と満足しちゃう。 それを「癒し」って意識することが大切なんだ
>> 見出し記事の続きを読む

犬にはかなわない

犬たち

我が家には2匹の犬がいる。 以前、あるクライアントさんにこの二人(あえて「二人」と呼ばせてください。根っからの犬好きなので。)を引き合わせたことがある。 左がバーニーズマウテンドッグのKちゃん。右がゴールデンレトリバーのS君です。特にKちゃんはちょっと怖がりサンで初対面の人には我慢しても我慢してもどうしても「ま゛っ!!」って感じの声で吠えちゃう癖がある。 でもその時はとても不思議なことが起きた。
>> 見出し記事の続きを読む

苦手な上司と上手く付き合う方法②

多くの場合上司だって何も部下を叱りたくて叱っているのではない。怒りたくて怒っているのではない。 彼らっだって仕事だから、自分の義務を果たすためにそうしているに過ぎない。 部下が持ってきた仕事の結果、報告、が彼らの求めていたものとズレいていたり、根本的に失敗していたりする場合にズレを修正したり、失敗をなくしたりしたいから、彼らは叱ったり、怒ったりするわけだ。だって彼らだってそうしないとそのまた上司に
>> 見出し記事の続きを読む

苦手な上司と上手く付き合う方法①

苦手な上司、嫌いな上司はたくさんいるものだ。もしかすると苦手じゃない上司の方が少ないかもしれない。 上司ってなんだろう。 上司というのは、あなたにより良い仕事(内容や能率やスピード)を「させる義務」を負っている人だし、 そのためにあなたの行動に「指示を出す権利」を持っている人のことだ。 会社や組織に所属している以上、あなたはその人に従わなければならないのだ。 (人と人との間に上下は無いが、仕事をす
>> 見出し記事の続きを読む

職場にいる苦手な人と上手く付き合う方法

職場には決まって「苦手な人」がいるものだ。それは上司かもしれないし、同僚かもしれないし、部下かもしれない。 それでも仕事だから「苦手な人」とあるレベルで接触しなければならない。 苦手なまま接触しているとドンドン苦手度が増してしまうし、その人と仕事をするのが苦痛になり、ストレスになる。 そうすると益々苦手になる。悪循環の始まりだ。 「苦手な人」ってどんな人だろう。 (ものの言い方が気に入らない)(自
>> 見出し記事の続きを読む

不安神経症との付き合い

僕は若いころから不安神経症で悩んでいた。「不安神経症」という名称を知ったのはずいぶん後になってからのことだが、 何か行動を起こそうとすると理由もわからず気分が悪くなる。 仕事の出張や試験を受けに行くと言った本来気の重いことはもちろんのこと、それがデートや、旅行といった「楽しいこと」であっても度々それは僕に襲い掛かる。 特に電車や飛行機での移動が苦手だ。 「あっ、電車に乗って気分が悪くなったらどうし
>> 見出し記事の続きを読む